0865-42-3311

Tel

<ヘルパンギーナについて>

ヘルパンギーナとは、発熱と口の中の粘膜にあらわれる水疱(すいほう)性の発疹(ほっしん)を特徴とする急性のウイルス性咽頭炎(いんとうえん)であり、乳幼児を中心に夏季に流行します。いわゆる夏かぜの代表的疾患です。毎年5月頃から増加しはじめ、7月ころに発生のピークをむかえます。9〜10月になるとほとんど見られなくなります。

患者さんの年齢は5歳以下が全体の90%を占めます。1歳代が最も多いとされています。

症状は2〜4日の潜伏(せんぷく)期間のあと、突然の発熱、咽頭痛(いんとうつう)が出現します。のどの粘膜が赤くなり、口の中に直径1〜2mm、大きいものでは5mmほどの小さな水疱が出現します。水疱はやがて破れて痛みを伴うようになります。2〜4日で解熱して、それにやや遅れて水疱も消失します。発熱時に熱性けいれんをともなうことや、口の中の痛みのため不機嫌になったり、食事や哺乳の障害、それによる脱水症などをしょうじることがありますが、ほとんどは自然によくなります。

​治療法は、通常は経過観察、対症療法になります。発熱や頭痛に対しては、アセトアミノフェンという解熱鎮痛のおくすりを処方することもあります。脱水の予防が重要であり、いつもより少し多めに水分を与えるようにするとよいでしょう。脱水の状態がつづき、水分が口からとれない場合は、点滴で水分を補う必要がでることもあります。