0865-42-3311

Tel
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTubeの

​院内のご案内

<医院外観>

当院は平成7年に建てられた地震にも強いRC構造の2階建。白を基調としたタイル張りの壁に緑のさんかく屋根。10年以上前に設置した太陽光パネルのちょこんと乗っています。

正面入り口の脇に紅白の梅。中庭にはハナミズキ。西側にはサツキの植栽があり、少しですが、四季折々の花を楽しめます。

​平面駐車場が建物の南側に14台(無料)

運転にはお気をつけてお越しください。

*2年に1度くらい、雪が積もることもありますが、まず大丈夫…(写真は平成26年のもの)

<医院内観>

入口をはいって向かって左側が定期受診・ワクチン接種などの方、右側が発熱・咳痰・嘔吐下痢など感染性の可能性のある方の待合です。(ガラスのパーテーションで区切ってきます。)

左側には畳スペースもあります。

​受付横には、診察券番号でおよその待ち時間がわかるよう、モニター表示がございます。

院内はほぼ段差のないバリアフリー。廊下・トイレには手すりを設置し、転倒防止の工夫をしております。

​*院内にはスリッパへの履き替えをお願いしています。ただし、あしの不自由な方、履き替えによる転倒が心配の方の方は、土足でも構いません。お気軽に受付スタッフまで、お声掛けください。

​設備のご案内

​心エコー、腹部エコ−、血管・甲状腺エコー

当院では、Canon社製の最新エコーを採用しております。

循環器内科には必須である心エコー(心臓超音波検査)としてはもちろん、肝臓・胆嚢・腎臓に対する低侵襲の検査である腹部エコ−、

​動脈硬化評価としても頸動脈エコー、女性に多い甲状腺疾患鑑別としての甲状腺エコーとして使用します。

 

​レントゲン検査・CRシステム

当院では、Canon社製のX線照射装置とフジフィルム社製CRシステムを採用。

呼吸器疾患の検査に必須である胸部レントゲン撮影はもちろん、腹部レントゲン撮影や手指での骨密度測定も可能。

CRシステムを使用することで、被ばく線量を抑え、以前のレントゲン検査との比較検討がしやすくなり、病気の早期発見につながります。

​ホルター心電図

当院では、日本光電工業社製の最新ホルター心電計(写真右)を採用しております。旧型(写真左)と比べて圧倒的に小さくなっています。ノイズ低減機能に加え、解析ソフトも改良。

​「脈が乱れる」「動悸が気になる」場合の原因検索の際には、一度医師へご相談ください。